映画

【感想】「最強のふたり」が笑いアリ涙アリで最高だった件【無料視聴できます】

最強のふたり
悩んでるヒト
「最強のふたり」の感想が知りたい!

 

「最強のふたり」の感想を書きます。

 

この映画は2011年に公開されたフランス映画です。

 

公開の翌年には日本でも上映され、日本で公開したフランス映画の中で歴代1位の大ヒット作だそうです。

 

そのおかげか、僕もタイトルと映画のなんとなくの雰囲気は知ってたんですが、しっかり映画を見るのは初めてでした。

 

それは同情ではなく、友情。障害のある富豪と貧しい青年の絆を描いた感動の実話

出典:U-NEXT

「最強のふたり」は、不運の事故で車イス生活を余儀なくされる大富豪フィリップと、貧困で素行不良の黒人青年ドリスの友情を描いた映画です。

 

障がいのある自分に対する同情を一切しないドリスに惹かれて、フィリップが彼を介護人として雇うところから物語は始まります。

 

1.「最強のふたり」の魅力

この映画の映画評を読んでると「障がい者をとりまく社会問題が描かれている〜」とか「黒人の貧困問題が背景にはある〜」という意見をちょいちょい目にします。

 

が、僕が思うにこの映画の魅力はシンプルにフィリップとドリスが気の合う友人としてふざけ合うシーンだと思ってます。

 

  • チョコを「健常者のお菓子」といってフィリップに食べさせない
  • フィリップが動けないのを良いことにヒゲを変な風にカットする
  • フィリップの電動車イスを魔改造して猛スピードで走らせる
  • フィリップの性感帯が「耳」しかないことを死ぬほどイジる

 

事情を知らない人が見ると「えぇ…(困惑)」となるようなブラックなふざけ具合ですが、もちろんフィリップもドリスも大爆笑。

 

フツーに笑います(笑)

 

そんなふたりがふざけ合うシーンで流れてくるEarth Wind & Fireの挿入歌がまた最高なんですよね。

 

あれだけジョークに疎かったフィリップが、ドリスの影響でだんだんとジョークに慣れていくのが見える演出もGOOD。

 

社会問題が〜というややこしい背景はあったとしても、シンプルに純粋な気持ちで見れば見るほど引きこまれる映画だと思いました。

2.友情は「ふたり」だけのもの

「障がいのある人は特別扱いされることを嫌う」

 

という話をよく聞きます。

 

でもこれって頭ではわかっててもなかなか難しいことだと思うんです。

 

しかし、天性のフレンドリーさでフィリップの心を惹きつけていくドリスを見ながら「ほんとすげーな」と感心してしまいました(笑)

 


フィリップは、障がいのある自分を特別扱いするどころか、ガツガツ踏みこんで平気でイジってくるドリスの存在が心の支えだったのでしょう。

 

でもドリスからすると「障がいのあるフィリップを元気付けよう」なんていう目線はなかったと思います。

 

ただただフィリップを1人の友人として最高のやつだと思ってるからイジる。

 

こういったふたりのやりとりを「不謹慎だ!」ととらえる人もいるかもしれません。

 

でもよく考えると不謹慎って思うことがそもそも間違ってるし、本人がそれを望んでる以上誰も何も言えないはずなんですよね。

 

ふたりの関係はふたりだけが分かってればいい。

 

友情ってそういうものだと思います。

 

まさに「最強のふたり」

 

この作品が気になった方はコチラ!

-映画
-

Copyright© AKASHI BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.