ライフハック

留年は過ごし方がポイント!『留年してよかった!』と思うための正しい考え方

[voice icon="https://4.bp.blogspot.com/-hWuDYzV_9VI/WaPwGKUEj0I/AAAAAAABGRw/UhnkfnMCfkwSNyBXBV0ComQ4XkAxIwvRwCLcBGAs/s400/test_print_gakkari_schoolboy.png" name="留年した人" type="l"]大学を留年してしまった…黒歴史確定…人生オワタ…この先どうすればいいんや… [/voice]

このような方へ、この記事を捧げます。

『留年』

へこみますよね。僕も留年したことがあるからよく分かります。(かくいう僕は2浪1留)

[voice icon="https://akashiakc.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_1860.jpg" name="アカシ" type="l"]

俺なんてゴミクズや…

いや、ゴミクズを喰らう下等な微生物や…

人生の黒歴史確定…

親に何て言えばいいんや…

一生地下施設で強制労働や…

サヨナラ、みんな…

[/voice]

僕もこんなことを思いながら、家に1日だけ引き籠もったことを今でも覚えています。

しかし僕は今、仕事もプライベートも充実しており、楽しい人生を送っていると胸を張って言えます。

それは何故か?

留年という失敗を『正しい選択肢』にすべく、引き籠もった翌日から考えを改め、行動しまくったからです。

今、楽しい人生を送っているのは留年したおかげなのです。

この記事では『留年』のショックから一刻も早く立ち直り、『留年してよかった!』と思うための正しい考え方を紹介します。

この記事を読んでくれたみなさんにも、いつか僕と同じ気持ちをもって欲しい。そんな思いで書きました。

留年生たちよ、案ずんな。

留年とは、この先幸せな人生を送るための前フリなのだから。

1.『留年』の過ごし方|マインド編

1-1.留年の事実を認める

まず始めに、留年したという事実を冷静に認めましょう。

しっかり認めた上で、これからどうするのかを考えるんです。

[voice icon="https://4.bp.blogspot.com/-EBpxVigkCCY/V5Xc1CHSeEI/AAAAAAAA8u0/9XIAzDJaQNU3HIiXi4PCPK3aMip3aoGyACLcB/s400/pose_sugoi_okoru_man.png" name="藤原○也" type="l"]うるぜぇ!!冷静でいられっがよぉ!人の気も知らないでよぉ…ックソ!! [/voice]

いいか落ち着け、銃を下ろすんだ。

ここで大切なのは『認める』ことであって、『開き直る』ことではないことです。

開き直るのは、単に失敗から目を背けているだけです。

1-2.『留年=ヤバい』ではない

ここで強調したいのが『留年』したこと自体はそんなにヤバくないということです。

本当にヤバいのは留年したのにも関わらず、それを改める行動をしないことです。

[voice icon="https://1.bp.blogspot.com/-9YLm4kByZok/XT_LthRgsPI/AAAAAAABT64/xZUDRN4VUK01X2Z1da8VSM2sNl_UkqlJACLcBGAs/s400/nigaoe_koushi.png" name="孔子" type="l"]過ちて改めざる、是を過ちという [/voice]

かの孔子もこのような言葉を残しています。偉い人が言うことに間違いはないのでそうしてください。

孔子を知らん人は調べてください。

次項では、留年したときの具体的なアクションについて説明していきます。

2.『留年』の過ごし方|アクション編

2-1.親に報告する

これは最優先で行ってください。理由は以下の二つ。

[aside type="boader"]

◼︎報告を引き延ばせば、引き延ばすほど言いづらくなるから。

◼︎報告してないモヤモヤばかりが残って、次の行動が起こせないから。 [/aside]

ちなみに僕が留年したとき、最もしんどかったのがこれです。

ですが、勇気を出して父親に報告しました。

う◯こ漏らすぐらい怒られるんだろなと思い、紙オムツをはいて恐る恐る報告すると結果は意外や意外。

[voice icon="https://4.bp.blogspot.com/-4BAiAVIidOU/UxbLZftjOjI/AAAAAAAAd9U/SLisc1LNh6g/s400/ganko_oyaji.png" name="父親" type="l"]留年してよかったと思える一年にしろ [/voice]

父親が僕に言ったのはこれだけでした。

後になって、『あのときなんで怒らなかったの?』って聞くと『死ぬほど落ち込んでると思ったから追い詰めるのは逆効果だと思った』とのことでした。

I’m sorry マイダディ 長生きしてくれよ。

そう。あのときの父親の言葉こそ、この記事のテーマです。

自分のためにも、そう言ってくれた父親のためにもしっかり改めようと思いました。

2-2.卒業計画を立てる

親への報告が終わったら次は具体的に卒業までの計画を立ててください。

卒業計画を立てておくことは、留年の過ごし方を決める上でとても重要です。

以下の4点についてはマスト確認事項です。

[aside type="boader"] ◼︎卒業まであと何単位足りないのか。

◼︎どの単位をいつまでにどれだけ取るのか。

◼︎計画した授業の時間割に無理はないか。

◼︎計画した単位に数え間違いはないか。

[/aside]

特に、単位の数え間違いがないかどうかは、周りが引くぐらい何回も確認しましょう。

ダブルチェックも効果的。

僕は同じ研究室の先輩、後輩にお願いして確認してもらいました。引いてました。(嘘)

3.まとめ|『留年してよかった』と思うために

3-1.過ごし方は実は十人十色

ここまで、留年を正しく過ごすために最低限必要なマインドとアクションを紹介してきました。

[voice icon="https://akashiakc.com/wp-content/uploads/2019/11/yakuza_kowai.png" name="どうなんやワレおじさん" type="l"]最低限のことは理解したけど、ほんで具体的に何すればええの? 語学留学とかしたほうがええんか?どうなんやワレ [/voice]

そんなことはありません。ていうか、ぶっちゃけ何でも良いと思います。

留年中に何をするかは人それぞれです。

[voice icon="https://akashiakc.com/wp-content/uploads/2019/11/yakuza_kowai.png" name="なんやそれおじさん" type="l"]なんやそれ[/voice]

投げやりに言ったわけじゃないですよ。

ただできれば、今までやったことない新しいことにチャレンジしてみましょう。

何故なら、何か新しいことに一生懸命打ち込む中で、新しい経験をしたり、新しい出会いがあったり、新しい言葉に感銘を受けたりすることこそが大切だからです。

それらは全て、仮に留年してなかったら経験することのができなかったことです。

例えば、留年してからあなたが新しく始めたアルバイト先で出会った異性と結婚したとしましょう。

そうすれば、あなたはきっと『あのとき留年しといてマジよかったわ』と思うと思います。

本当、そういうことなんです。

3-2.さいごに

いかがでしたか?

最後まで読んでくれた方は『留年してよかった』と思うための考え方に共感していただけたかと思います。

正しい考え方さえ分かれば、本当にあとは何とでもなります。

2浪1留して楽しく生きている僕が言うんだから、きっと間違いありません。

あなたの『留年』が『正しい選択肢』になるように頑張ってください。応援しています。

さぁ立ち上がれ、留年生たちよ。

-ライフハック
-,

Copyright© AKASHI BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.