VOD

【ドキュメンタルシーズン2】お笑い好きの僕が出演メンバーの能力を分析してみた【感想と考察】

参加メンバー10人と松本人志

「ドキュメンタル」とは!

密室に集められた10人の芸人たちが、己のプライドと優勝賞金を懸けて、互いを笑わせ合うお笑いストリートファイトである。

結論、「ドキュメンタル」はめちゃくちゃ面白い。

 

決して万人ウケするコンテンツではありませんが、だからこそ刺さる人にはブッ刺さります。

  • ドキュメンタルに興味がある
  • ドキュメンタルを面白いと思える

そんな素敵な感性を持ってるあなたはかなりの幸せ者。

 

この記事では、大のお笑い好きである僕が「ドキュメンタルシーズン2」の

  • 参加メンバーの能力分析【6段階評価】
  • 全体の感想

を、オリジナル目線&熱量たっぷりでお伝えしていきます。

 

この記事をオススメしたいのはこんな方。

こんな方にオススメ!

「ドキュメンタルシーズン2」をこれから初めて見る方
 →見る前の予習ができます(若干ネタバレあり)

「ドキュメンタルシーズン2」をすでに見た方
 →能力分析という新しい視点の発見ができます

 

この記事を読めば、ドキュメンタルをより楽しく見ることができるようになると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

「ドキュメンタルシーズン2」はAmazonプライム会員だけが楽しめる限定コンテンツです。

まだAmazonプライム会員じゃないという方は公式サイトから登録できるのでぜひ。

 

\今なら30日間の無料体験が利用できます/
Amazon公式サイトはコチラ

「ドキュメンタルシーズン2」の基本情報

ドキュメンタルのシンボルマーク
引用元:Amazonプライムビデオ

本題に入る前に、ドキュメンタルのルールや今シーズンの参加メンバーをサクッとご紹介します。

「ドキュメンタルシーズン2」参加メンバーの能力分析が早く知りたい方はコチラ
「ドキュメンタルシーズン2」全体の感想が早く知りたい方はコチラ

 

「ドキュメンタル」ルール

「ドキュメンタル」のルールは次のとおりです。

  • 参加費:100万円
  • 制限時間:6時間
  • 自分は笑うことなく相手を笑わせる
  • 笑ったら退場
  • 笑ったかどうかはビデオ判定&松本人志のジャッジ
  • 最後まで残った芸人が賞金1,100万円を獲得
    (シーズン2から松っちゃんも100万円を出します)

 

年末恒例の「笑ってはいけない」の企画をもっとトガらせたようなイメージだと思っていただけたらOKです。

「笑ってはいけない」を剣道の試合とするなら、「ドキュメンタル」はホンモノの刀で斬り合うといったところでしょうか。

 

また、シーズン1で優勝者が決まらなかった反省をふまえ、シーズン2からはルール変更としてポイント制が導入されています。

 

ルール変更

相手を笑わせることで1ポイント獲得

時間内に勝負が決まらなければ、ポイントをより多く持っている芸人が優勝

 

勘の良い方はお分かりだと思いますが、笑わせにいかないとポイントは稼げないため、いくら笑わなかったとしても守ってばかりでは絶対に優勝できないシステムになっています。

 

以上のルール変更のおかげで「ドキュメンルシーズン2」では初の優勝者が決まります。

 

「ドキュメンタルシーズン2」の参加メンバー

「ドキュメンタルシーズン2」の参加メンバーは以下の10名です。

吉村崇(平成ノブシコブシ)
宮川大輔
大島美幸(森三中)
日村勇紀(バナナマン)
児嶋一哉(アンジャッシュ)
藤本敏史(FUJIWARA)
斉藤慎二(ジャングルポケット)
津田篤宏(ダイアン)
小峠英二(バイきんぐ)
ジミー大西

大輔さん、フジモンさん、ジミーさんはシーズン1に引き続き2度目の挑戦です。

シーズン1と比べると、全体的に売れっ子に重点を置いた人選ですね。

 

芸歴的に全員が中堅以上なので、爆発力以上に芸人としての地肩の強さが勝負のカギになってくると思います。

 

「ドキュメンタルシーズン2」参加メンバーの能力分析

では、本題である参加メンバーの能力分析をしていきます。

 

念のため言っておきますが、完全なる僕の独断と偏見なので異論は大いに認めます(笑)

むしろ、あなたならどう評価するのか一緒に考えてみると楽しいと思います。

 

能力は以下の6項目で分析していきます。

ボケ:ボケ能力
ツッコミ:ツッコミ能力
耐久:笑わない能力
手数:攻めの回数
返し:カウンター能力
意外性:意外性

以上をS・A・B・C・D・Eの6段階で評価します。

 

芸人タイプ分類

また、各芸人さんのタイプをボケ属性・ツッコミ属性で大別し、さらに攻撃型・防御型・バランス型という計6パターンで分けていきます。

 

吉村崇(平成ノブシコブシ)

ノブコブ吉村
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ボケ属性 攻撃型

ボケ:D
ツッコミ:C
耐久:B
手数:A
返し:D
意外性:C

ドキュメンタル初参戦。

持ち前の破天荒さでガンガン攻めてましたね。

ただ、手数が多い割に空回りしてる印象。

破天荒な吉村さんを久々に見たので「そういや昔はこんな感じで騒がしかったよな」と思って懐かしくなりました(笑)

 

宮川大輔

宮川大輔
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ツッコミ属性 バランス型

ボケ:D
ツッコミ:B
耐久:E
手数:C
返し:B
意外性:C

シーズン2の大輔さんは正直微妙でした(笑)

個人的に好きな芸人さんなので、見せ場が少なかったのが残念。

大輔さんって笑いをこらえてる顔がめちゃくちゃ面白いんですよね。

ジミーさんに向けて自分から輪ゴムで撃っておきながら、笑いをこらえるシーンは最高でした。

 

大島美幸(森三中)

森三中大島
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ボケ属性 防御型

ボケ:B
ツッコミ:E
耐久:D
手数:D
返し:E
意外性:A

ドキュメンタル初参戦&シーズン2唯一の女性芸人

松ちゃんから「いざとなったらフルヌードになれる女芸人」と評される強者。

大島さんらしい戦い方をしてましたが、耐久力が低すぎましたね(笑)

笑っちゃうせいで、本来の力を出しきれてなかった印象でした。

 

日村勇紀(バナナマン)

バナナマン日村
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ボケ属性 攻撃型

ボケ:A
ツッコミ:C
耐久:C
手数:B
返し:B
意外性:C

他の芸人さんから「バケモノ」と評されるとおり今回の優勝候補の1人です。

ただ、ガンガン仕掛けるタイプかと思いきや意外とそうでもない。

場の空気を読んで、ここぞというタイミングで大きくボケるという攻め方に戦略性を感じました。

今回の参加メンバーの中で1番ドキュメンタルを楽しんでましたね。

 

児嶋一哉(アンジャッシュ)

アンジャッシュ児嶋
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ツッコミ属性 攻撃型

ボケ:D
ツッコミ:C
耐久:C
手数:B
返し:A
意外性:D

大声でのツッコミが最大の持ち味。

ツッコんでる内容は微妙ですが、勢いが凄いので思わず押されて笑っちゃいます。

そんな児嶋さんに1番苦戦してたのはフジモンさんでした(笑)

イジってくる相手に対するカウンターがハマったときの面白さはピカイチ。

 

藤本敏史(FUJIWARA)

フジモン
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ツッコミ属性 攻撃型

ボケ:D
ツッコミ:S
耐久:D
手数:A
返し:A
意外性:C

シーズン1に引き続き2度目の挑戦。

今回も怒涛の超攻撃型ツッコミを見せてくれます。

相変わらずゲラなので、自分のツッコミが跳ね返って自爆することもしばしば。

基本はツッコミで攻めるタイプですが、唐突にボケることもありそれがまた面白いです。

 

斉藤慎二(ジャングルポケット)

ジャンポケ斉藤
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ボケ属性 攻撃型

ボケ:C
ツッコミ:D
耐久:A
手数:A
返し:C
意外性:D

シーズン2最若手芸人。

1つ1つのボケは弱いですが、手数が多いうえ中々笑わないので意外としぶといタイプ。

ただ、決定打に欠ける印象を受けましたね。

もっと自分のキャラを押し出したほうがよかったかもしれません。

 

津田篤宏(ダイアン)

ダイアン津田
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ツッコミ属性 バランス型

ボケ:B
ツッコミ:D
耐久:C
手数:D
返し:C
意外性:B

ドキュメンタル初参戦。

相当緊張していたのか、序盤どう攻めたらいいか分からず模索してる感じがヒヤヒヤしました(笑)

とはいえ、おもしろ写真やものまねキャラといった飛び道具をしっかり用意してきてたのが面白かったです。

実力もあって個人的にも大好きな芸人さんですが、ドキュメンタルには少し不向きだったかもしれません。

 

小峠英二(バイきんぐ)

バイきんぐ小峠
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ボケ属性 攻撃型

ボケ:A
ツッコミ:B
耐久:A
手数:B
返し:S
意外性:B

ボケ、ツッコミ、耐久のどれを取ってもピカイチなドキュメンタル史上指折りの実力者。

テクニックはさることながら、小峠さんのズルいところは真顔まで面白いところです(笑)

ツッコミの後に見せる何ともない言えない真顔は最高。

バイきんぐのコンビの役割でいうと小峠さんはツッコミなのにもかかわらず、ボケ能力まで高いのはチートですね。

 

ジミー大西

ジミー大西
引用元:Amazonプライムビデオ
パラメータ

ボケ属性 攻撃型

ボケ:A
ツッコミ:E
耐久:E
手数:S
返し:D
意外性:S

シーズン1に引き続き2度目の挑戦。

前回の反省をふまえてか、シーズン2ではかなり用意周到で挑んでます。

天然ボケだけでなく、意外と戦略家なのでは?と思わせる戦い方は見事。

ただ、すぐに笑っちゃうところはシーズン1のときから相変わらずです。

 

「ドキュメンタルシーズン2」全体の感想

「ドキュメンタルシーズン2」を見た全体の感想をお伝えします。

シーズン1より全体的に騒がしい

「ドキュメンタルシーズン2」はシーズン1に比べて全体的に騒がしかったです。

 

というのも、誰かがボケたことに対し全員が一斉にツッコんだり、さらにその途中で他の人がボケたりすることで、ボケが渋滞する場面が多いんですよね。

恐らく「とにかく攻めなきゃ!」という気持ちが先行しすぎたのが原因でしょう。

 

後半になるとやや落ち着きますが、見やすさで言うとシーズン1のほうがよかった。

硬直状態の駆け引き、みたいなシーンをもっと見たかったなという感想です。

 

ラスト20分の戦いがとにかく汚い(ネタバレ注意)

「ドキュメンタルシーズン2」の見どころの1つは、ラスト20分のジャンポケ斉藤さんとバイきんぐ小峠さんの一騎打ちです。

この一騎打ちは松っちゃんも「ドキュメンタル史に刻まれる名勝負」と評するほど熱い戦いでしたが...

 

これが、とにかく汚い(笑)

生卵を浴びたり、床に落ちたカップ麺をすすったりと酷い有様でした。

面白いのは面白いのですが、僕はそれよりも汚さが勝ってしまいました(笑)

 

ドキュメンタルは「ドキュメンタリー」である

ドキュメンタルを見た方のレビューで「間延びしてつまらない」という感想をちょいちょい見かけます。

もちろん、面白いかどうかは個人の価値観なんですが、実はこれに関しては「ドキュメンタル」の企画の意図の知ることで解消できます。

 

結論、大前提としてドキュメンタルは、「ドキュメンタリー」であることを理解しておくことが大切です。

要するに、ドキュメンタルは最初から最後まで大爆笑させることを狙った作り方をしてないということです。

 

ドキュメンタリーとして一部始終を映す以上(最低限の編集はありますが)、笑えるシーンもあれば、ときには誰も動かず硬直状態が続く退屈なシーンもあります。

 

ドキュメンタルの醍醐味は、実はそういった退屈な硬直状態の雰囲気にあるんです。

硬直状態を含めて一部始終を見せることで、現場の空気感や芸人さんの緊張感がめちゃくちゃ伝わるわけです。

だからこそ笑いが起きた瞬間にめちゃくちゃ面白く感じる。

 

普通のテレビ番組だったらそういう退屈なシーンは、そもそも編集でカットします。

でもドキュメンタルが仮に、面白いシーンだけ抜粋して1時間にまとめたようなコンテンツだったら、ハッキリ言って面白さは半減すると思います。

 

芸人さんと緊張感を共有して自分も笑いを我慢してしまうレベルで入り込む、そういった楽しみ方ができる人には間違いなく刺さるコンテンツです。

 

\今なら30日間の無料体験が利用できます/
Amazon公式サイトはコチラ

 

まとめ|「ドキュメンタルシーズン2」はAmazonプライムビデオで無料視聴できます

ドキュメンタルの会場
引用元:Amazonプライムビデオ

いかがでしたか?

この記事では、僕のオリジナル目線&熱量たっぷりで「ドキュメンタルシーズン2」の面白さや感想をお伝えしてきました。

ドキュメンタルをこれから見る方も、すでに見た方も、ぜひこの記事の内容を思い出しながら「ドキュメンタルシーズン2」を楽しんでもらえたら嬉しいです。

きっと何倍も面白くなると思います。

 

「ドキュメンタルシーズン2」はAmazonプライム会員だけが楽しめる限定コンテンツです。

まだAmazonプライム会員じゃないという方は公式サイトから登録できるのでぜひ。

 

\今なら30日間の無料体験が利用できます/
Amazon公式サイトはコチラ

-VOD
-, ,

Copyright© AKASHI BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.